知って損はしない避妊薬の豆知識!アフターピル編

アフターピルの避妊効果

緊急避妊薬アフターピルについては知ってるでしょうか。
ピルの名前は知ってるけどとの方も多いとは思います。
緊急避妊薬についてなんで避妊が出来て避妊効果があるのかやその避妊の成功率について説明いたします。
避妊薬というものはパートナとの交渉時コンドームを使わないや途中で敗れた、着けないでそのまま膣外射精したなどの状況で妊娠は望んでいない際に必要です。
気になる避妊成功率は高く、妊娠を望んでいないのであればほぼ防ぐ事は出来るのではありますが、100パーセントでは無いのでご注意ください。
又服用方法を間違えたり定められてる用量が服用出来なかったりしない時避妊効果をえられず成功率も同時に低くなるのです。
性行為後の3日の72時間の以内に服用すると女性ホルモンの排卵事態をを遅らせるので着床を防ぎます。
子宮内膜そのものへの着床を防止出来る効力も在るので避妊をする事ができるという訳です。

アフターピルは定期的に服用する事で排卵の働きを制御してくれる低容量のピルとは違ったものとなっており、ホルモンのバランス事態をを変化させて本来の効力が発揮出来る薬です。
初めての服用という場合は腹痛、血栓症や不正出血等の副作用が報告されてはいるのですが症状により小時間、1日程経てば何時の間にか解消される事が多々あるので気にする必要は無いです。
しかし服用してから3時間内に吐いた場合はも一度服用を必要となる可能性も御座いますので詳細は医師や病院からの説明を受けましょう。

避妊効果を高める為に忘れてはならない点がいくつか存在しており基本的に飲み忘れや服用してから再度交渉しないこと等が挙げられます。
アフターピルは女性側が望んでない妊娠を防ぐ為の奥の手な手段であって、避妊法が違ってしまえば避妊の失敗さえあります。
現代日本では年間20万件以上の人工中絶による手術がされているので望まれてない妊娠という事実を改めて知って女性からしたら中絶は心身共に深い傷を負いますので正しく豊富な知識を自己の身につける事が大切となってます。