知って損はしない避妊薬の豆知識!アフターピル編

アフターピルとは?

アフターピルとは性行為後に避妊ができる避妊薬のひとつです。

性行為をしたことがある人であれば一度は経験があると思いますが、性行為にあたりしっかり避妊をしていたとしても、コンドームが破れていたり、気づかぬうちにコンドームが外れているなどの不慮の事故により、気が付いたら膣内に射精してしまっていた-。ということがありますよね?

アフターピルはそんな不慮の事故による妊娠を防ぐのに効果的なお薬です。
代表的な避妊薬としてシプラ社が開発したアイピルが有名で、ノルレボのジェネリック医薬品として海外医薬品サイトなどで販売されています。

アイピルは性行為時に避妊を失敗してしまった後、24時間以内に服用することで実に90%以上の確率で妊娠を回避できると言われています。
また、通常のピルのように毎日決まった時間に服用する必要はなく、その日だけ服用すれば良い薬なので万が一に備え常備する女性も多くなっています。

●副作用ってあるの?
アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠と呼ばれる2つのタイプがあり、後者の方は副作用が少ないというメリットがある反面、妊娠を完全に防止できないといったデメリットがあります。

一般的な副作用としては嘔吐、頭痛、胸の張り、めまい、腹痛などがありますが、副作用が出る割合としては10%~20%程度とされており、長くても24時間以内には治まります。

●入手方法
避妊薬は市販の薬局などでは購入することが出来ません。
入手する方法は下記の2通りの方法があります。
?産婦人科での診察を受け医師に処方してもらう。
?海外医薬品サイトを利用して個人輸入する。

これらの方法で入手する事が可能です。
どちらが良いかは人それぞれですが、入手しようとしている段階で妊娠の危険性がないのであれば海外医薬品サイトを利用して入手する方法が最もオススメです。

海外医薬品サイトであれば病院への受診の必要はありませんし、自宅に居ながら気軽にネットで購入できます。
また、金額面で比較しても海外医薬品サイトであればアイピル1錠が1350円程度で購入できるので、病院の診察代、お薬代よりも安いことが分かります。

こういった時間やコスト面から考えても圧倒的に海外医薬品を利用する方がメリットがあると言えます。